1. HOME
  2. 特集
  3. esportsの条件

SPECIAL

特集

esportsの条件

esportsの条件

コンピューターゲーム・ビデオゲームがすべてesportsに入っていないのには理由があります。

esports公認条件

1> ゲーム内容に競技性が含まれること(競技性)。
2> ゲームとして3か月以上の運営・販売実績があること(稼働実績)。
3> 今後もeスポーツとして大会を運営する予定があること(大会の継続)。
4> e スポーツとしての大会の興行性が認められること(興行性)。

引用:一般社団法人日本eスポーツ連合[JeSU 公認タイトル規約]

対戦やダメージ勝負等、ユーザーを競わせてゲームとして3か月以上運営・販売実績があり、大会を一般公開で断続的にひらく。
最後にその大会で見る来る客からどうにかしてお金を徴収さえすれば、esports公認ゲームになる可能性があるということですね。

ということは、スマホゲーはほとんどesportsになる可能性がありますね。